Javascriptが無効になっているため、正常に表示できない場合があります。

ハルイチ スタイル(HARUICHI STYLE)日本茶を楽しめる和CAFE

NEWS

2023年10月13日

お知らせ

【てんぐちゃん×HARUICHI STYLE】急須いらずのオリジナルティーバッグ缶をご紹介!

気づけば10月も半ば。ここ数日で一気に秋が深まり、あたたかい飲み物が美味しい季節になりました。

ご存じの方もいらっしゃると思いますが、HARUICHI STYLEではオープン以来、当店の顔としてこだわりのお茶をご提供していています。
 
静岡県は全国有数のお茶どころとしても知られており、浜松市では、天竜地区の山間部で栽培される、山のお茶「天竜茶」や「春野茶」と、三方原台地を中心とした地域で栽培される、平地のお茶「浜松茶」があります。

今回、嬉しいご縁が重なり、遠州の福寄せ天狗こと「てんぐちゃん」とコラボして、美味しいお茶のティーバッグ缶を監修させていただくことになりました。

ユニークな見た目で、一度見たら忘れられない、遠江天狗の子供「てんぐちゃん」。張り子作家の坂田吉章さんと一緒に「遠州天狗屋」さんという、縁起物作りユニットとして活動しています。

遠州天狗屋さんでは、「郷土の歴史を楽しみ、今よりもっと遠州を好きになる物作り。」をコンセプトに、遠州ならではの「縁起物」や「お祝い物」「郷土玩具」などを季節に合わせて手がけられています。

そんなてんぐちゃんとコラボして作ったお茶は「天狗茶」と「てんぐ和紅茶」。

さっそくお味をご紹介しますね。



「天狗茶」は、天竜茶・春野茶・浜松茶の浜松三大銘茶を集めてブレンドしています。

意外や意外、こういったブレンド茶はあまりなく、今回、天竜茶には「すずしょう」さん、春野茶は「中小路園」さん、浜松茶は「お茶の光緑園」さんにご協力いただき、職人が選定し、丁寧にブレンドしています。

それぞれおの茶の特徴としましては、天竜茶や春野茶は、日照時間が短く、寒暖差のある気候のため、茶葉がやわらかく、浅蒸し茶が主流です。一方、浜松茶は、日照時間が長く、温暖な気候のもと、茶葉が厚く育つことから、こちらは深蒸しにすることが主流だそうです。



「山のお茶」ならではの清涼感ある香り立ちと、「平地のお茶」のコクのある深い味わいが楽しめ、それぞれのお茶のいいとこ取りを堪能できます。

口に含んだあとに余韻が残り、すっきりとした渋みと、お茶本来の旨みを感じるのが特徴です。



つづいてご紹介するのが、味にこだわり、地元素材にもこだわった「てんぐ和紅茶」。

こちらは「お茶の光緑園」さんの和紅茶に「Mz farm」さんのシナモンバジルをブレンドしました。和紅茶とシナモンバジルの絶妙なブレンドが、香り高い味わいを生み出します。

浜松の象徴の一つ「天狗」は、「道開き」や「招福」の意味もあり人々に親しまれてきています。そのため、天狗と色が似ている紅茶もまた縁起が良いとされ「天狗和紅茶」とも呼ばれる浜松名物になっています。天狗の風が皆様を守り、追い風となりますように、という願いも込めておつくりしました。



両方とも、お湯を沸かしてカップに入れるだけで、簡単に美味しいお茶が楽しめるティーバッグで展開しています。手軽に楽しめるので、その日の気分に合わせて、飲み比べてみてください。

缶の中に、天狗茶は12個、てんぐ和紅茶は8個 のティーバッグが入っています。価格はそれぞれ税込1,500円になります。



浜松ならではのアイテムなので、遠方の方へのお土産にしたり、ちょっとした手土産にも重宝しそうです。

また、おうちやオフィスに常備しておけば、すぐにあたたかいドリンクが飲めますし、急な来客にも◎!さらに、タンブラーに入れておでかけや、キャンプなどのアウトドアにも持ち運べそうですね!



さまざまなシーンで活躍してくれそうな「天狗茶」と「てんぐ和紅茶」。HARUICHI STYLEのギフトコーナーで販売していますので、ぜひお手にとってご覧ください。



『求人のご案内』HARUICHI STYLEでは仲間を募集しています!
→【正社員・アルバイト同時募集】一緒に働いてくれる仲間を募集しています

※HARUICHI STYLEの情報は、FACEBOOKとインスタグラムでも配信しています。
→【HARUICHI STYLE FACEBOOK】
→【HARUICHI STYLE INSTAGRAM】

※HARUICHI STYLEの「LINE@」がスタートしました!
→ただいま割引キャンペーンを実施中です



30 / 350

PAGE TOP