Javascriptが無効になっているため、正常に表示できない場合があります。

静邨陶房 (せいそんとうぼう) 赤焼

login

GOODS「ハレの市」

静邨陶房 (せいそんとうぼう) 赤焼
静邨陶房

森山焼は森町森山の地名を取って命名された森町の工芸品です。
明治42年に遠州七窯の一つ「志都呂焼」から初代 鈴木静邨氏を招き開窯しました。
その窯元の一つ「静邨陶房」の特徴はここ森町の土を使い、赤を主体とした赤焼きにあります。
先代静邨はこの赤により着目して研究を重ね、鮮烈な 赤 を表現することができました。
そして現在3代目鈴木龍が溢れるような鮮やかな さらなる赤 を追求しています。


3代目静邨 鈴木 龍 (すずき りゅう)

昭和25年2代目静邨の長男として生まれる
昭和44年愛知県窯業高等技術専門校卒業
静岡県工芸家協会理事
2代目静邨と松菱・静岡市西武百貨店にて親子展
4年に一度森町文化会館にて森山焼と森町の陶芸家の展示「森の炎」を開催



赤を表現するにあたり、あくまでもこの土地で取れる陶土にこだわり、土作りから窯出し至るまであえて手間ひまをかけて納得のいく仕事を常に心がけ焼き物を創っております。


参照 https://seison-plus.jimdo.com